精神的な後遺症|中絶手術のリスク理解し正しく行なう|術前と術後で気をつけること

中絶手術のリスク理解し正しく行なう|術前と術後で気をつけること

医師

精神的な後遺症

医者

中絶を東京で行なうとなれば、手術の後のことも考えて東京の病院を選ぶことが必要になってきます。中絶手術で起きうるリスクは年々減ってきているとはいえ、やはり身体的にも精神的にも負担は大きいからです。東京は大都市で人通りも多いので、中絶をするために産婦人科に通ったとしても目立つことがありません。そのため周辺地域から東京のクリニックに訪れる人もいるのです。このとき、初診では中絶手術を受け付けていないところもあるので、事前に情報を調べておくことが大事です。手術を受け入れてくれる産婦人科クリニックでは、プライバシーの保護のために病院の待合室で名前を呼ばないように要望を出すこともできます。待合室が個室のところも増えてきているので、プライバシーに配慮されている東京のクリニックを選ぶことはできます。

東京で中絶手術をするなら、中絶手術後のPAS診療についても理解のある場所に頼むといいです。このPAS。は中絶後遺症候群の略ですが、手術を受けた後に心的外傷後ストレス障害と同じような症状で苦しむ症状のことです。自分のことを攻めたり、睡眠障害を起こしたりすることもあるのです。決断して決めたことであるにも関わらず、それについて強い葛藤を起こすほどの強い後悔を感じてしまうのです。過剰反応や侵害行為が現れ、パートナーとの関係にも亀裂が生じることがあります。このPASが起きたとしたら心療内科の診断を受けることになりますが、東京の産婦人科に質問することで頼れる場所を紹介してもらえる可能性が高いです。