中絶手術のリスク理解し正しく行なう|術前と術後で気をつけること

ドクター

精神的な後遺症

医者

中絶という行為は精神的にも大きな影響を与えます。攻撃的な行動や過剰な警戒をするというようなPASを起こしてしまう可能性も高いので、東京の産婦人科で良い心療内科も探してもらいましょう。

詳しく見る

リスクもある

病院

妊娠したが産みたくない、そんな人のために日本では中絶手術を受けることができるようになっています。しかし赤ちゃんを生むための生殖器官を手術してしまうと、どんな後遺症があるのか心配になってしまいます。中絶手術について正しく理解することで、手術に臨むことができるでしょう。今は外科手術の技術も進んできており、痛みも麻酔で感じることがないようにできますし、無痛中絶手術もあります。そのため痛みが苦手だという人も心配なく受けることができるようになっているのです。しかし、どんな手術にもリスクはつきものであるということは忘れてはいけません。

初期中絶手術のリスクとしては、麻酔をかけることのアレルギー反応が挙げられます。麻酔に対するアレルギーが起これば手術中に重大な反応を引き起こしてしまうこともあるのです。これは手術前にも必ず説明されるので、アレルギーがないか事前に確認しておきましょう。医師の経験が多ければ妊娠組織を全てスムーズに取り出すことができますが、経験不足な医師だと妊娠組織が残ることもあります。そうなると出血が続いてしまうこともあるのです。21週目6日までは中期中絶手術も可能ですが、陣痛を人工で起こすため、大きな負担がかかります。子宮口が開いたままになってしまうと大量出血が起こる可能性もありますので、やはりリスクが大きいといえます。一番避けたいのが、何度も中絶手術を行なうことです。上手く手術ができたからといって、何度も手術を行なうと子宮の内壁が薄くなることもあるのです。これらを理解して、一番良い方法で中絶手術を行ないましょう。

必要な知識

顔を覆う人

手術を受ける際には必ず同意書にサインをします。妊娠中絶手術の場合は説明をしっかり受けて書類も確認し、必要な人からサインをもらわなければいけません。大阪の産婦人科で費用も確認しましょう。

詳しく見る

術後に気をつけること

カウンセリング

中絶手術のアフターケアをしっかり聞いておくことが大事です。東京をの産婦人科では丁寧に説明してくれるので、それを守っていれば術後に通院する必要もありません。ただ、激しい運動は控えましょう。

詳しく見る